作者別: admin

ソラシドエアの機内食について

ソラシドエアの機内食はどんなもの?

ソラシドエアは宮崎県宮崎市に拠点を置く航空会社で、九州や沖縄と本州を結ぶ便を主に就航しています。

飛行機での旅となると「空弁」が楽しみの一つですが、ソラシドエアの機内サービスには機内食がありません。

ただ、機内においてドリンクは無料で提供されているので、フライト中の空腹が心配な場合には軽食を持ち込んで食べることがおすすめです。

機内のドリンクサービスでは、ホットのハーブティーとコーヒー、冷たいものではお茶とアップルジュースが準備されていますが、特筆するべきは温かいアゴユズスープがサービスメニューにあること。

このアゴユズスープは長崎産のトビウオから出した出汁と大分産のゆずを使ったさっぱりした味わいのスープです。

持ち込みの軽食と一緒に食べる際にも食事の種類に関わらず、味を引き立ててくれる一品となるでしょう。

機内で食べられるものは?

ソラシドエアには機内食サービスはありませんが、九州特産の食べ物が機内販売されています。

中でも機内で食べられるものとして挙げられるのは、ドーナツ棒という熊本県産のおやつです。

阿蘇の麓で搾乳された、希少価値の高い「阿蘇ジャージー牛乳」や紅イモを使ったものですが、外はサックリ、中はしっとりと仕上がったクセになる美味しさです。

また、自宅でも九州の味として楽しめるお土産に、オリジナルブレンド茶、ソラシドはるさめがあり、どちらも九州の食材と食べ物にこだわったものになっています。

もちろん、機内サービスで人気の高いアゴユズスープもパッケージ入りで販売されていますが、このアゴユズスープはソラシドエアでの旅の思い出としても特に人気の高いお土産品でもあります。

ソラシドエアのチケット予約サイト

>>希望のエアラインが探せる

九州を満喫できるソラシドエアの特徴

ソラシドエアとはどのような航空会社?

「ソラシドエア」は九州地方の宮崎県宮崎市に本社を構える日本の航空会社です。

2015年11月30日までは「スカイネットアジア航空株式会社」という社名でした。

新規参入航空会社の一つで、スカイマーク、北海道国際航空に続いて参入してきました。

日本航空(JAL) 、全日本空輸 (ANA) といった大手と比較すると運賃が割安で、日本でトップクラスのゆったりとした座席配置やカラフルな機体デザインなどが特徴です。

機内ドリンクサービスには宮崎県産のものを使用するなど地域とのつながりも大切にしています。

知名度の低さなどもあって一時的には経営に苦しんだ時期もありましたが、2013年には6期連続の単年度黒字を計上しています。

九州地方の復興支援に力を入れています

2016年、ソラシドエアの地元である九州地方で熊本地震が発生しました。

熊本地震が残した爪痕は今なお色濃く残っています。

この地震による被害は、熊本、大分のみならず、そのほかの九州地域でも風評被害によって観光需要の落ち込みなどの影響が出ています。

ソラシドエアは1日も早くの被災地の復興を願って、九州地方の復興支援プロジェクトを立ち上げています。

多くの人々が以前のように九州に訪れるように、そして、九州の魅力を再確認して、たくさんの人々に笑顔になってもらいたいという思いからです。

ソラシドエアは今まで自分たちを支えてくれた地元、九州の人々に恩返しをするために、ソラシドエアならではの復興支援に全力で取り組んでいこうと考えているのです。

ソラシドエアの豊富なチケットの種類について

さまざまな時期の予約に対応したお得なチケット

ソラシドエアには予約時期に応じて運賃がお得になるチケットがあります。

出発まで日数がある時はバーゲンシリーズが断然お得。

75日前から14日前まで5段階で運賃が設定されているこちらのチケットは、早く予約する程値段を安く抑えることが可能です。

飛行機搭乗予定日が7日前から1日前と間近に迫っている場合にも、特売りシリーズでお得にチケット予約ができます。

ネット予約を利用している方は、搭乗7日前に運賃が発表となるカケコミweb割もおすすめです。

さらに小さなお子さんや学生、65歳以上のシニアも割引運賃で利用できるチケットが販売されています。

これらのチケットには購入期限が設定されていますので、確認した上で購入するようにしましょう。

キャンセルや予約変更の際は注意が必要

とてもお得な各種チケットですが、購入にあたってはいくつか注意事項があります。

まずは予約変更には対応していないということ。

そのため別の便を利用したいという場合には、一度予約を取り消した上で再度チケットを購入しなおす必要があります。

またバーゲンシリーズで予約したチケットは搭乗予定の60日前までであればキャンセルの際も手数料は発生しませんが、59日前からは運賃の50%相当額を支払わなければならなくなります。

取り消しの際に一定の手数料が必要になるのは特売りシリーズやカケコミweb割も同様ですので注意してください。

尚、普通運賃での予約であれば取り消しの際に別途手数料を取られることはありません。

予約変更も可能となっていますので、上手く使い分けるのがおすすめです。

ソラシドエア機内で楽しめる機内誌について

ソラシドエア機内誌ソラタネ

ソラシドエアが機内誌として発行しているのはソラタネです。

地元の愛され店、心ほぐれる温泉、お土産レシピ、癒しの動物たち、ライフイン九州そして特集記事という構成になっており、ざっと目を通すだけで九州で行ってみたい場所、食べてみたいものが見つかるようになっています。

毎月発行になっており、バックナンバーも購入できるようになっています。

シーズンで楽しみたい場所がピックアップされており、宮崎、鹿児島、長崎、大分などの他沖縄も特集されています。

地元の情報が満載ですので定期購入している人もいるほどの人気です。

就航地の情報が詳しく掲載されており、写真集のような美しい映像が掲載されていますから、旅の記念の品としてもおすすめです。

2015年4月1日販売号から全面リニューアルされたソラタネ

ソラタネは創刊から4年、2015年4月に全面リニューアルされました。

お土産レシピが新企画としてリリースされ、九州の特産品をおうちで美味しく料理して味を再現しようというコーナーが生まれました。

建築を巡る旅では旅人を魅了する建物を紹介してくれます。

ライフイン九州では九州に移住した方々へのインタビューを掲載したり、九州の地元企業をピックアップしたりして地元の振興にも役立てています。

自然や食べ物、文化や祭りを知ることができるので郷土史としての意味も持っています。

ANAの機内誌である翼の王国も用意されていますので、旅をテーマにした独自の取材と美しいビジュアルを楽しむことができます。

客室乗務員に依頼すれば絵本も用意してもらえますのでお子様におすすめです。

ソラシドエアの割引航空券の紹介

バーゲンシリーズは料金がとてもお得!

ソラシドエアには、予約日から搭乗日までの日数によって、様々な種類の割引が用意されており、大きく分けて「バーゲンシリーズ」と「特売りシリーズ」の2種類が用意されています。

「バーゲンシリーズ」は、搭乗日よりも前に予約をすることで、航空券の料金が安くなるサービスです。

早く予約をすればするほど、より料金が安くなります。

例えば、東京・鹿児島間の運賃は、通常だと40,790円ほどかかりますが、登場の14日前に予約をすることで最低で11,700円で利用することができます。

登場の75日前に予約をすると、最低で7,700円まで料金が下がります。

注意点として、予約を行った後の予約変更ができなかったり、搭乗日の59日前から当日までにキャンセルを行う際には料金の50%程度の手数料がかかったり、といった点が挙げられます。

特売りシリーズは急な飛行機の利用に便利!

「バーゲンシリーズ」に対して「特売りシリーズ」は、予約日から搭乗日までの日数が少ない場合でも、割安で航空券を購入できるサービスです。

急な旅行や出張などの際に便利なサービスです。

こちらも東京・鹿児島間の運賃を例に出すと、搭乗日の前日に予約をすることで、最低で19,100円で航空券を利用することができます。

また、搭乗日の1週間前に予約をすると、最低で14,100円で航空券を購入することが可能です。

こちらも予約変更が出来なかったり、バーゲンシリーズに比べて割引率が小さかったり、といった注意点がありますので、事前に公式サイトを見るなどして確認を行うのが良いでしょう。

ソラシドエアを利用する際は、利用する目的や搭乗日までの日数に応じて、2種類の割引サービスを使い分けるとよいでしょう。

座席の種類と座席指定について

ゆとりのある快適なシート

飛行機では座席の座り心地や機能性が機内で快適に過ごすことができるかどうかを大きく左右します。

ソラシドエアの機体であるボーイング737-800型機にはスタンダードシートとリラックスシートの2種類があり、客席数は全部で174席となっています。

大手航空会社であるANAやJALのエコノミー席のシートピッチは約79cmとなっており、ソラシドエアのシートピッチは平均で約81cmあるため座席間隔が広くゆとりのある空間であることが分かります。

また機内はスタイリッシュなデザインのLEDライトが搭載されており、優しく照らす明かりが一層快適な空間を演出してくれるのです。

これらのことからソラシドエアはゆとりのあるリラックスして過ごすことのできるシートとなっています。

座席の特徴を知って快適な空の旅

ソラシドエアには事前座席指定のサービスがあり、搭乗日の3日前よりも前であれば予約時に指定することができます。

3日前以降であっても予約成立後に指定することが可能です。

ボーイング737-800型機では、1、13、14列目の足元が広く足に負担をかけることなく過ごすことができます。

一方12、13列目はリクライニングのできない席となっており、機内で睡眠をとりたい方や体を休めたい方には不向きの席となっています。

加えて11列目から18列目の席は翼の上に位置していることから窓の景色を楽しむことが出来ないため、窓側の席を希望する方は注意が必要です。

このようにソラシドエアの座席にはそれぞれ特徴があり、早めに座席指定をすることでより快適な空の旅を実現することができます。

ソラシドエアの子供料金やキャンセル料金

飛行機の小児運賃は大人運賃の正規運賃の半額

ソラシドエアでは、満3歳以上12歳未満の子どもが小児運賃の対象になります。

正規運賃の場合、予約変更は可能です。

キャンセル料金は大人と同じ一区間につき430円です。

取り消し手数料は、出発時刻前までに取り消しの通知があった場合にはかかりません。

出発時刻を過ぎてからの通知は、一区間ごとに規定の手数料がかかります。

バスや電車の小児運賃は、大人の半額ですが飛行機の小児運賃は少し注意が必要です。

飛行機のチケットも大人運賃の半額には違いないのですが、正規運賃の半額という意味です。

そのため大人がセールなどで割引されたチケットを購入しても、小児運賃はその半額にはなりません。

大人運賃と同じ金額がかかることがほとんどです。

ただし、小児運賃よりも割引チケットの方が高い場合は割引チケットの価格が適用されます。

子ども連れや子どもの一人旅に嬉しいサービス

ソラシドエアでは、小さな子ども連れの家族や子どもの一人旅をサポートするサービスがあります。

小さな子ども連れの家族は、ファミリーサポートが受けられます。

ミルク用のお湯を用意してもらったり、絵本の貸し出しなどは通常のサービスの範囲でも受けられます。

その他のサポートはどのようなサポートを受けたいのか事前に知らせておくとスムーズです。

他にも、空港では優先搭乗のサービスを受けられますし、ベビーカーの貸し出しを受けることもできます。

満6歳以上の子どもであれば、ソラキドキッズを利用することで同伴者なしに飛行機に搭乗することが可能です。

出発空港で保護者の見送りを受けた後、到着空港で係員が出迎えに来て、迎えの人まで引き合わせをしてくれるサービスです。

一人旅の記念として、メイク・ワンダー!ストラップをプレゼントしてくれます。

ホルダー部分は自由に付け替えでき、キッズ用携帯を下げるなど普段の生活でも利用できます。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén