ゆとりのある快適なシート

飛行機では座席の座り心地や機能性が機内で快適に過ごすことができるかどうかを大きく左右します。

ソラシドエアの機体であるボーイング737-800型機にはスタンダードシートとリラックスシートの2種類があり、客席数は全部で174席となっています。

大手航空会社であるANAやJALのエコノミー席のシートピッチは約79cmとなっており、ソラシドエアのシートピッチは平均で約81cmあるため座席間隔が広くゆとりのある空間であることが分かります。

また機内はスタイリッシュなデザインのLEDライトが搭載されており、優しく照らす明かりが一層快適な空間を演出してくれるのです。

これらのことからソラシドエアはゆとりのあるリラックスして過ごすことのできるシートとなっています。

座席の特徴を知って快適な空の旅

ソラシドエアには事前座席指定のサービスがあり、搭乗日の3日前よりも前であれば予約時に指定することができます。

3日前以降であっても予約成立後に指定することが可能です。

ボーイング737-800型機では、1、13、14列目の足元が広く足に負担をかけることなく過ごすことができます。

一方12、13列目はリクライニングのできない席となっており、機内で睡眠をとりたい方や体を休めたい方には不向きの席となっています。

加えて11列目から18列目の席は翼の上に位置していることから窓の景色を楽しむことが出来ないため、窓側の席を希望する方は注意が必要です。

このようにソラシドエアの座席にはそれぞれ特徴があり、早めに座席指定をすることでより快適な空の旅を実現することができます。