ソラシドエアとはどのような航空会社?

「ソラシドエア」は九州地方の宮崎県宮崎市に本社を構える日本の航空会社です。

2015年11月30日までは「スカイネットアジア航空株式会社」という社名でした。

新規参入航空会社の一つで、スカイマーク、北海道国際航空に続いて参入してきました。

日本航空(JAL) 、全日本空輸 (ANA) といった大手と比較すると運賃が割安で、日本でトップクラスのゆったりとした座席配置やカラフルな機体デザインなどが特徴です。

機内ドリンクサービスには宮崎県産のものを使用するなど地域とのつながりも大切にしています。

知名度の低さなどもあって一時的には経営に苦しんだ時期もありましたが、2013年には6期連続の単年度黒字を計上しています。

九州地方の復興支援に力を入れています

2016年、ソラシドエアの地元である九州地方で熊本地震が発生しました。

熊本地震が残した爪痕は今なお色濃く残っています。

この地震による被害は、熊本、大分のみならず、そのほかの九州地域でも風評被害によって観光需要の落ち込みなどの影響が出ています。

ソラシドエアは1日も早くの被災地の復興を願って、九州地方の復興支援プロジェクトを立ち上げています。

多くの人々が以前のように九州に訪れるように、そして、九州の魅力を再確認して、たくさんの人々に笑顔になってもらいたいという思いからです。

ソラシドエアは今まで自分たちを支えてくれた地元、九州の人々に恩返しをするために、ソラシドエアならではの復興支援に全力で取り組んでいこうと考えているのです。